DD-1001

ウエアハウスのDD(ダックディガー)シリーズの「DD-1001」になります。
革ラベルの付く最終年とされる1951年のジーンズがモチーフ。
腰回りがすっきりとした印象は、それまでのワークウエア然としたシルエットから股上のフィットや裾にかけてのテーパードシルエットがより洗練されたことによります。
ジーンズがカジュアルウエアとしての地位を築きだした時代ながら、縫製仕様は武骨なままのため「オーセンティック」と呼ぶにふさわしい時代のモデルといえます。
DD-1001XX(1947年)に比べ、股上がやや浅めで腰回りがスッキリし、裾にかけて緩やかにテーパードさせたシルエットになります。
また、腰横のサイドステッチもやや短くなり、ベルトループも細くなる点も1947年モデルと違うポイントです。

生地はリーバイスの30年代のデニムバナーを解体し糸の一本一本を分析し研究して再現した通称「バナーデニム(13.5oz)」を使用。
このデニム地はテネシー州、テキサス州、アリゾナ州で栽培されたコットンをブレンドし、当時らしい自然なムラ糸で織り上げたものです。
その糸を使い、希少な旧式力織機G3が生み出すデニムは、まさにヴィンテージ同様の色落ちを生み出します。
まさにクローン技術と言っても過言ではない程の再現性です。

特筆すべき点はバックポケットのステッチ。
どちらかを抜けばリーバイス風になりますよね。(笑)

コインポケットもDD-1001XX(1947年モデル)よりもさらに低めに設定。
時代を追うごとに下へ配置されていくマニアックなポイントです。
また、バックヨークの巻き縫い幅は9/32インチ幅(7.14ミリ)に設定され、このサイズ感がヴィンテージらしいアタリを生み出します。
レザーパッチはヴィンテージ加工が施され味わい深い印象に。縫製も少し歪でマニアにはたまらない仕様です。
ベルトループはセンター外し仕様。
ワンウォッシュ済み。

¥27,000

解除
商品コード: DD-1001 商品カテゴリー: 商品タグ:

説明

●当店では裾上げをチェーンステッチ対応致します。
ミシンは「KANSAI SPECIAL」で行います。
21oz以上の超ヘビーなジーンズでも対応致します。
通販ご希望の方で、股下の長さが明確な方のみ当店にて、「ワンウォッシュ&裾上げ」をしてからの発送も無料にてサービスしております。
お気軽にお問い合わせください。
(注)すでにワンウォッシュされているモデルは裾上げのみの対応となります。

<ジーンズのワンウォッシュ & 裾上げ後発送ご希望の方へ>
股下の測り方は、ジーンズを平置きにした状態で、股の縫い目(ステッチの交差点部分)から内側に沿って裾部までの長さを測ってください。

 

ブランド設立以来、数々のヴィンテージと呼ばれる名品達を忠実に再現してきた日本を代表するレプリカブランド「ウエアハウス」。
リーバイスに始まり、リーやラングラーといった3大ジーンズブランドから、ストアブランド等のマニアックなブランドまで、その着眼点と解読力は他の追随を許しません。 ヴィンテージを知り尽くしているブランドの代表格になります。